坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛の症状

坐骨神経症とは様々な原因によって痛みやしびれを毎日何度も症状を起こします

腰に引き続きお尻や足先何度もしびれが現れます症状としてはいつもお尻に痛みや痺れがあるとか体を動かすと足の痛みが激しくなる歩くと腰や足が痛み始める身体をかがめると足が痛くてしょうがなくなる立っていると足や腰が痛くてたっていられなくなる寝ていってもお尻や足が痛んで眠れなくなるなどの症状が現れると坐骨神経上です。

 

痛みを止めようとして薬物療法の非ステロイド性消炎鎮痛剤とはがよく使います激痛や衝撃痛のときや筋肉の症状を和らげたり血流の改善し症状を和らげることもできます。

 

 

予防や改善のために

坐骨神経症は生活習慣を見直すことでも予防や改善ができます正しい姿勢を保つことや冷えを防ぐことも大事です坐骨神経症は冷えることでも発症しますので気をつけなしょうできるだけ保温に心がけ冷やさないようにしましょう夏でもクーラーや扇風機のあたりすぎに注意して靴下を履きましょうできるだけ足腰を冷やさないようにしましょうね、肥満や太り過ぎにも注意しましょうね体重の増加は足や腰にかなりの負担をかけることになります。

 

適度な運動とダイエット

これを進めることで肥満にならないようにしましょうそれから軽くストレッチも効果的ですとくにストレッチはお風呂上がりなどにすることで効果的ですお風呂上がりにどは血行がよくそんなときに筋肉を柔らかくほぐすことで血行をよりよくし坐骨神経痛の予防や改善にこころがけましょう。

 

 

痛みの種類て炎症や刺激による痛み、神経が障害されることで痛む神経障害、人間関係による人間関係のストレス障害などがあります、坐骨神経痛の場合は
炎症や刺激による痛みが多いですね痛みが長く続くことで血行が悪くなり悪循環を繰り返すことになり不安や痛みの恐怖で夜も眠れなくなる場合があります。

 

痛みが慢性化しないときに適切な治療をし早めに医療機関に行きましょうね適切な治療をして痛みの原因を取り除きましょうね。


ホーム RSS購読 サイトマップ